黄昏時のひとやすみ

毎日が日曜日の生活。書きたいことがあれば、気取らずにありのままを書き綴ります。うたたねも得意です。
「昼のお星は眼にみえぬ 見えぬけれどもあるんだよ 見えぬものでもあるんだよ」
「色即是空」、なんて境地でもないけれど、生きてることの素晴らしさ感じたい。自分に正直に生きたい。

宅配システムの不可思議さ

昨夜遅くに、卓上の蛍光灯がいきなり点かなくなりました。
夜中の11時半です。


それから、ネット通販で手配して、本日の昼過ぎには商品が配達されてきました。
はやっ!


でも、どういうコスト試算なのか、不思議でなりません。


購入した卓上蛍光灯管の商品は定価の半額くらいでネット販売されています。
最安値は定価の3割くらいのものも。ただし、その場合は送料が有料。


結局、送料無料の提案の商品を購入手続き。深夜0時近くでした。
送料込みで、約1000円です。


今では、配信状況も確認できます。
購入した商品は、深夜3時ころに郵便局に持ち込まれています。
そこから、大規模集合郵便局に、当該商品が到着したのが、朝の7時です。


そこから自宅に近い郵便局に郵便局間デリバリーです。
昼の12時半ころに商品が、その最寄り郵便局に到着しています。


自宅に商品が配達されたのは午後2時過ぎでした。
昔とは大違いの郵便局のスピーディーさです。


それでも不思議なのが、料金。
ゆうパックで同じ商品(縦・横・高が100cm以内)を個人で送付したとすると、送料が1130円です。持ち込みとか、いくつかの割引制度を活用しても、1010円です。


大口の割引制度があるのでしょうが、
1000円の商品を送付するのに1000円の送付料。
それが送付料無料のシステム。


どんなカラクリがあるのやら。。。 商品の価格もあってないようなもの?
一応、有名メーカーのちゃんとした蛍光灯管(〇〇sonicツイン2パラレル27ワットFML27EX-N)なんですよね~
利用する側としては、ありがたい話です。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。