黄昏時のひとやすみ

毎日が日曜日の生活。書きたいことがあれば、気取らずにありのままを書き綴ります。うたたねも得意です。
「昼のお星は眼にみえぬ 見えぬけれどもあるんだよ 見えぬものでもあるんだよ」
「色即是空」、なんて境地でもないけれど、生きてることの素晴らしさ感じたい。自分に正直に生きたい。

なのにあなたは京都へ行くの・・・・

しばらくブログを更新していませんでした。
このひと月くらいの間に、京都へ5~6回行ってました。
書き綴ることが多すぎて、ブログを更新する気にならないという、
不思議な症状をきたしておりました。
それは今でも継続中なのですが・・・


神社仏閣を巡ることを趣味としていると、京都を訪れることは避けて通れないことなのですが、なぜか京都に足を運ぶことを躊躇っていたのです。
交通の便は悪いし、拝観料はかかるし、なにかと敬遠しがちな京都でした。


それこそ清水の舞台から飛び降りる気持ちで、集中的に京都の神社仏閣を巡っておりました。


50以上の寺や神社を見て回り、御朱印もいただいてきましたので、散々散財(苦笑)
しかしながら、お参りしたい寺院や神社はまだまだあります。
京都って、やっぱりすごい街だとあらためて思いますね。


印象に残っている寺社は数多くあるのですが、その中でも印象深いのは、
高台寺、法然院それに興聖寺。。まだまだあるけど。。。


高台寺は落ち着いた雰囲気で、案内の方々の印象もよかったです。内助の功といいますが、ねねさまのお力をあらためて感じました。


法然院は3度目にしてやっと御朱印を書いていただけました。”南無阿弥陀佛”という質素な簡潔な文字が印象的です。


興聖寺は宇治にある道元禅師の禅寺です。こじんまりとした寺ですが、素敵でした。
受付をされていた若き修行僧らしき人と道元の自力と親鸞の他力との違いの禅問答もしました。


今年中の京都訪問はしない予定ですが、まだまだ数回は京都に足を運ばねば。。
行くと、万歩計の数字も2万歩以上カウントされていますので、健康にもいいのかもしれません。



なのにあなたは京都にゆくの

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。